ビューティーファン -老け顔の強敵!「ほうれい線」

骨が萎縮することも原因!?老け顔の強敵!「ほうれい線」

見た目の印象をぐっと老けさせるほうれい線。鏡を見るたびに憂鬱な気分になる人も多いのでは?でも大丈夫。原因を知って、適切に対処すれば、いくつになっても予防&改善することができるんです!

まずは正しく知ろう!
ほうれい線って何?

ほうれい線は、小鼻の横から口角にかけてあらわれる長い線のこと。頬と口周りの筋肉の境目にあらわれます。若くても、頬がふっくらしている顔立ちの人は、笑ったときにほうれい線が出ることも。ただし、瞬間的です。ところが年齢を重ねると、ほうれい線がシワとして深く刻まれるようになり、表情を変えていないときでも目立つようになります。これが、多くの女性を悩ませます。

ほうれい線の原因は「老化」と「生活習慣」

ほうれい線がシワとして深く刻まれるのは老化現象のひとつですが、なかでも近年、「頭蓋骨の老化」も引き金になるという驚愕の新事実が判明!加えて、日々の生活習慣もほうれい線を悪化させる原因になります。

老化現象

老化現象 肌の衰え
加齢とともに真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリが失われます。その影響で肌がたるみ、シワも刻まれやすくなって、ほうれい線の原因になります。

表情筋の衰え
年齢を重ねると、体の筋肉と同様に、表情筋も衰えて細くなります。すると頬や口角をキュッと上のほうで保っていた力が弱まり、たるんできて、ほうれい線を目立たせます。
頭蓋骨の萎縮 驚愕の新事実! 女性ホルモンの減少とともに、骨密度が低下するのはよく知られた話ですが、実はこの骨密度の低下が「頭蓋骨でも起こる」ということをご存じでしょうか?頭蓋骨が萎縮すると、額やこめかみ、目の下などが凹んで、余った肌や表情筋がたるみます。それだけでも十分ほうれい線の原因になりますが、加えてあごも痩せるため、ますますほうれい線が濃くなってしまいます。

生活習慣

生活習慣 スマホたるみ
スマホの使いすぎは、眼精疲労や肩こりだけでなく、ほうれい線の原因にも!スマホを見ると無意識に下を向く姿勢を続けることになり、その結果、重力によって頬やあごがどんどんたるみ、ほうれい線が刻まれやすくなるのです。

睡眠不足と運動不足
睡眠不足や運動不足が続くと、血流やリンパの流れが悪くなり、代謝が下がるので、肌や表情筋の老化がどんどん進みます。そのため、ほうれい線も目立つようになります。

正しいメソッドでほうれい線を撃退する!

セルフケアと生活習慣の改善で、ほうれい線が濃くなるのを予防したり、すでに深く刻まれてしまったほうれい線を薄くしたりすることができます。何もせずに諦めるなんてもったいない!できることから始めましょう。
  • スキンケア
    乾燥は、シワをつくる原因に。もちろん、ほうれい線も例外ではないので、保湿ケアは念入りに。ほうれい線を部分的にパックするのもおすすめです。
  • 表情筋ストレッチ
    幸いなことに、筋肉は何歳からでも鍛えられます。表情筋も同様です。口をしっかり開けて「あいうえお」と言ってみたり、日頃から頬や口角をキュッと上げるよう意識して過ごしてみたりしましょう。
  • 生活習慣の改善
    栄養バランスのとれた食生活は、健康だけでなく、肌や表情筋を若々しく保つためにも必要なこと。また、質の高い睡眠をとり、運動習慣を持つことは、血流やリンパの流れを促して代謝を上げることに加え、成長ホルモンの分泌を促すので、若返り効果が絶大です。スマホの長時間使用は、ほうれい線を深くするので控えましょう。
  • 美容医療のアプローチ
    ほうれい線の溝をシワ専用のヒアルロン酸で埋める方法のほか、「硬さのあるヒアルロン酸を頬などに入れて高さを出し、たるみを引き上げてほうれい線を解消する」という新しいヒアルロン酸注入の方法があります。また、「たるみ解消のレーザーや高周波を照射する」「皮下に糸を挿入して引き上げる」などのほうれい線解消法も効果的です。多くは、プチ整形と呼ばれるメスを使わない施術です。

湘南美容クリニックの「ほうれい線治療」

湘南美容クリニックでは、最先端のさまざまな「ほうれい線治療」を行っています。
  • ジュビダームビスタウルトラプラスXC ほうれい線の解消に適した厚生労働省認可のヒアルロン酸

    湘南美容クリニックでは、シワの種類に合わせて、さまざまなヒアルロン酸を用意しています。なかでも、品質が高く、ほうれい線などのシワの解消に適しているのが「ジュビダームビスタウルトラプラスXC」です。なめらかな質感なので、自然な仕上がりが期待できます。

    また、このジュビダームビスタウルトラプラスXCは、「フィラーリフト」という“高さを出す”注入法にも使われます。たとえば頬に注入すると、頬に高さが出て、たるみがリフトアップ。それとともに、ほうれい線などのたるみ由来のシワも解消されます。

    ジュビダームビスタウルトラプラスXCは、アラガン・ジャパン社が製造販売するヒアルロン酸製剤のひとつ。日本の厚生労働省の認可を得ているので、安全面からもおすすめです。

    1本 1.0cc 39,800(税込)
    詳しくはこちら
  • 駆け込みウルトラリフト 今すぐほうれい線だけでも何とかしたい!

    ほうれい線周辺だけに「ウルトラリフト・ダブルHIFU」を集中照射するのが「駆け込みウルトラリフト」です。肌の土台となる深い層「筋膜(SMAS筋膜)」に超音波のエネルギーを届けて加熱することで、ゆるんでいた組織を収縮させ、頬の重みでくっきりあらわれたほうれい線を奥からキュッと引き上げます。

    「同窓会や結婚式、デートなどの大切なイベント前に、ほうれい線だけでも何とかしたい!」という人にぴったりの時短×速攻コースです。

    照射時間5分 1回※ほうれい線周辺をピンポイント照射 39,800(税込)
    詳しくはこちら
  • ウルトラリフト・ダブルHIFU 外科手術に匹敵する高いリフトアップ効果!

    「ウルトラリフト・ダブルHIFU」は、これまで外科手術でしかアプローチできなかった、肌の土台となる深い層「筋膜(SMAS筋膜)」に超音波のエネルギーを届けて加熱することで、ゆるんでいた組織を収縮させ、根本からたるみを引き上げる最先端のリフトアップマシンです。

    加齢の悩みが多い“頬のエリア”はダブル照射(重ね打ち)! 徹底的にほうれい線の解消を狙うことができます。

    肌表面にダメージを与えないので、施術後すぐにメイクができるなど、手軽に受けられるのも魅力です。

    顔 1回頬・フェイスライン・あご下 98,000(税込)
    詳しくはこちら
  • 水口 将志 先生
    たるみ治療の名医
    水口 将志 先生
    経歴・資格
    2008年 防衛医科大学校医学科卒業
    2010年 防衛医科大学校皮膚科
    2013年 自衛隊中央病院皮膚科
    2017年 湘南美容クリニック
    美容医療というと、敷居が高いイメージがあると思いますが、決してそんなことはありません。切らないメニューも多くご用意しています。一人ひとりのご希望に沿った治療をご提案させていただくので、ぜひご相談ください。
  • 西川 礼華 先生
    たるみ治療の名医
    西川 礼華 先生
    経歴・資格
    2012年 ウィーン医科大学皮膚科学教室 Clinical Elective
    2013年 横浜市立大学医学部医学科 卒業
    国立病院機構東京医療センター
    2015年 ウィーン医科大学皮膚科学教室
    「美しくありたい」「輝きたい」という想いを持つ、すべての方の力になれるような美容皮膚科医を目指しています。どのようなお悩みにも、誠意を持って診療させていただきます。ぜひご相談にいらしてください。

監修クリニック

クリニック名 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
電話番号 0120-5489-40
診療時間 AM10:00〜PM7:00 予約制
休日 年中無休
アクセス JR新宿駅西口徒歩10分
都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分