Pick UP -目の下のクマ

Pickup
Pickup right image
目の下のクマ
目の下のクマにはそれぞれ種類があり原因も様々です。クマがあることで顔全体が暗い印象になってしまったり、せっかくのお化粧やお洋服が映えないことも。あなたにあった改善策や治療法をくわしく見ていきましょう。

目の下のクマ

公開日 2018年08月
目の下のクマの主な治療法について解説します

青クマ

青クマを解消したい
青クマを解消したい
青クマの原因は、目の周りの血行不良

目の周りには毛細血管が張り巡らされています。その毛細血管に血行不良が起こると、血液が酸素不足になって黒ずみ、目の下の薄い皮膚から透けて、青く目立ってしまいます。

血行不良を起こす原因
血行不良を起こす原因 冷え、疲労、喫煙、睡眠不足、運動不足、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、パソコンやスマホの長時間使用

青クマを解消するには、目の周りの血流をよくして、弱った皮膚を再生させる必要があります。
治療法 内容
ジェネシス 目の下の毛細血管を刺激し、青クマの原因である血行不良を改善するレーザーです。加えて、コラーゲンの生成を促すので、目の下にハリが出て、青クマが目立ちにくくなります。
ライトアイズウルトラ 植物など自然由来の成分を4種類ブレンドした薬液です。目の下に注射することで、青クマの原因である血行不良を改善します。ハリや弾力のアップにも効果が期待できます。
※ 2018年10月現在 新宿ビューティークリニックではお取り扱いございません。

茶クマ

茶クマを解消したい
茶クマを解消したい
茶クマの原因は、色素沈着

通常なら一定のサイクルで剥がれ落ちるはずのメラニン色素が、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の低下によって剥がれ落ちずに増加。メラニン色素が色素沈着を起こして、目の下が茶色く見えてしまいます。

色素沈着を起こす原因
色素沈着を起こす原因
  • 1. 紫外線やストレスの影響

    紫外線を浴びたり、ストレスが溜まったりすると、肌の新陳代謝が乱れて、メラニン色素がどんどん蓄積されて色素沈着を起こします。

  • 2. スキンケアやメイクによる摩擦

    肌のお手入れやメイクをするときに、強くこすり過ぎると、摩擦による刺激からメラニン色素が過剰に生成されて色素沈着してしまいます。

  • 3. 目をこする癖

    乾燥やアトピー性皮膚炎などの影響でかゆみが生じ、目をこする癖のある人は、摩擦による刺激からメラニン色素が過剰に生成されて色素沈着してしまいます。

  • 4. メイクの落としもれ

    落としきれなかったメイクが酸化して、色素沈着することもあります。

茶クマを解消するには、目の下の肌の新陳代謝を促すと同時に、メラニン色素の生成を抑える必要があります。
治療法 内容
ジェネシス 肌の角質層に作用するレーザーピーリング効果で古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を正常な周期へと促します。また、くすみを改善して、肌色を明るくします。
光治療 肌色を明るくする効果のある光「フォトフェイシャル」「フォトRF(オーロラ)」「Eライト」「E-MAX」「ePlus」などを照射します。
※ 2018年10月現在 新宿ビューティークリニックではお取り扱いございません。
ハイドロキノン 肌を白くする成分が含まれている塗り薬です。メラニンの生成を抑制する作用があります。

黒クマ

黒クマを解消したい
黒クマを解消したい
黒クマの原因は、影

目の下の影によってできるのが、黒クマです。黒クマは、別名「影クマ」とも呼ばれます。

影ができる原因
影ができる原因
  • 1. 目の下のふくらみ

    年齢を重ねると、眼球の下の「眼窩脂肪(がんかしぼう)」が下垂し、目袋と言われるふくらみを形成することがあります。その目袋の下が影となって、黒クマになります。

  • 2. 頬のたるみ

    頬がたるむことで目の下がくぼみ、黒っぽく影のように見えてしまいます。黒クマを解消するには、目の下にできた影をなくす必要があります。

治療法 内容
ヒアルロン酸注入 目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入し、平らに近づけて影をなくします。
PRP皮膚再生療法ひふさいせいりょうほう 自分の血液から抽出した血小板に、成長因子を添加し、くぼみに注入します。細胞そのものが増殖して、ふっくらします。
※ 2018年10月現在 新宿ビューティークリニックではお取り扱いございません。
アグネス 目の下に針を刺し、針先から出る高周波で「眼窩脂肪」を小さくします。ふくらみ(目袋)を解消され、影がなくなります。
※ 2018年10月現在 新宿ビューティークリニックではお取り扱いございません。
目の下の脂肪取り
下眼瞼脱脂術かがんけんだっしじゅつ経結膜下脱脂法けいけつまくかだっしほう
「眼窩脂肪」を取り出し、目の下のふくらみ(目袋)を解消することで影をなくします。
ハムラ法・裏ハムラ法 目の下のふくらみ(目袋)の原因となる「眼窩脂肪」をくぼみに移動し、平らに近づけて影をなくします。
*上記の他、原因がひとつではなく、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」のいくつかが混ざってできるクマを「混合クマ」と言います。

監修クリニック

クリニック名 新宿ビューティークリニック 新宿院
住所 東京都渋谷区代々木2-10-1 新宿サンセイビル6F
電話番号 0120-437-990
診療時間 月~金 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
休日 年中無休
アクセス JR新宿駅-甲州街道改札より徒歩1分
各線新宿駅-南口改札より徒歩3分

メールでの無料相談はこちら

お名前 必須
ふりがな 必須
性別 必須
年齢 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
ご希望日時
※ご予約をご希望の方は、これより下の項目も全てご記入くださいませ。
(※3日以内のご予約やお急ぎの方は、クリニックへお電話でのご連絡をお願い致します。0120-437-990 ) 0120-437-990
当日の施術を希望されますか?
ご希望施術 (例:ヒアルロン酸・ボツリヌストキシン注入)
お問い合わせ内容 必須
お電話でのお問い合わせはこちら新宿ビューティークリニック 新宿院